透析患者さんとお花見会を行いました。

5月14日(日)、学習会&お花見会を行いました。
 
学習会は、会津中央病院 管理栄養士の小桧山 富士子先生
『透析食の基本と食生活について』と題してご講義頂き、
食事管理の基本や塩分、カリウム、リン、水分などのコントロールの重要性など改めて感じました。また、節制だけではなくメリハリのある食事をとることも重要とのことでした。
 
お花見会では、昨年秋の芋煮会で好評だった減塩芋煮(しょうゆやみそをほとんど使わず”だし”のみで味を付け)を参加者全員で頂きました。”だし”だけの味付けでもとてもおいしく、減塩でも工夫すればおいしい食事をとることができると改めて感じました。余興では、職員が昔懐かしのフォークソング(?)などを披露しとても楽しく笑顔があふれるお花見会でした。
 
P1010085 P1010103
<学習会の様子>            <余興の様子>
 
 
2017年5月18日

新年度を迎えて

 
暖かな春、日差しが気持ちよい季節になってまいりました。
4月からは当クリニックでも3名の新人(臨床工学技士2名、事務1名)を迎え、
今後も、皆様のご期待に添えるよう『患者さん中心の医療』を行っていきたいと思います。
本年度もスタッフ一丸となって頑張ってまいります。
2017年4月1日

透析患者さんと芋煮会を行いました。

11月13日(日)、毎年恒例の学習会&芋煮会を腎友会、クリニックの共催で行いました。
 
初めに、院長先生による学習会を行いました。
『動脈の石灰化とリンについて』と題して
 ・血液透析の原理       ・血液透析医療の現状
 ・透析患者の心血管系の合併症 ・動脈硬化と動脈石灰化
 ・フットケアと下肢の血流評価 ・リンとFGS23
 ・有機リンと無機りん
について学習しました。
  
続いて芋煮会です。メインである芋煮は、しょうゆやみそをほとんど使わず”だし”のみで味を付けました。これにより、この日食べた芋煮は、どんぶり一杯1グラムの塩分でした。”だし”だけの味付けでもとてもおいしく、減塩でも工夫すればおいしい食事をとることができます。患者さんだけでなく、職員にもとても参考になりました。
 
お楽しみの余興は、座ったままでできる簡単な体操を全員で行いました。また、職員のお子さんによる”白虎隊剣舞”もありとても盛り上がりました。
思い出に残る学習会&芋煮会になりました。
 
P1000915 P1000919
P1000925 P1000933
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2016年11月15日

第11回会津排泄ケア研究会市民公開講座が開催されました

第11回 会津排泄ケア研究会市民公開講座(終了いたしました。)
 
日 時:平成28年10月15日(土) 18:00~
場 所:会津大学 講堂
講 師:一般財団法人 竹田健康財団 竹田綜合病院
              精神科 科長 小薗江 浩一 先生
演 題:『家族に認知症の患者さんがいる時の対応法』
                       - 排尿障害も含めて
 
会津排泄ケア研究会の市民公開講座も第11回を迎え、
今回から、会津若松医師会との共催となりました。
お忙しいところ、100名を超える方々にお集まりいただきました。
講演に先立ち、会津若松医師会会長 加藤 道義 様、
会津排泄ケア研究会 代表世話人 入澤 千晴、
ご来賓の会津若松市長 室井 照平 様にご挨拶をいただきました。
 
講演は、竹田綜合病院 精神科 科長 小薗江 浩一 先生より
認知症のいろいろな症状をご説明いただき、症状ごとの
困った時や日々の対応法、排尿の問題についてお話しいただきました。
また、認知症患者さんを家族だけで見守り続けることは困難なので、
地域で包括的に支え合い、助け合うことがとても重要であるとお話をいただきました。
 
お集まり頂いた市民の皆様、ご後援頂きました方々、ご協賛頂きました各企業の方々、
誠にありがとうございました。
 
 P1000837
   会津若松医師会会長 加藤 道義  様
 
   P1000854
 会津若松市長 室井 照平 様
 
 P1000877
 P1000880
  講師 小薗江 浩一 先生
 
 
会津排泄ケア研究会 事務局一同
2016年10月18日

第11回 会津排泄ケア市民公開講座のお知らせ

おかげさまで会津排泄ケア研究会市民公開講座は11回目を迎えること
ができました。
 
本年度は講師に小薗江 浩一 先生を迎え、家族に認知症の患者さんが
いる時の対応法についてお話をしていただきます。
  
どなたでも無料で参加出来ますので、お誘い合わせの上ご来場下さい。
(詳しくはこちらをご覧ください)
 
日時:平成28年10月15日(土) 午後5時開場 午後6時開演
会場:会津大学 講堂
 
演題:家族に認知症の患者さんがいる時の対応法
   - 排尿障害を含めて - 
 
講師:小薗江 浩一 先生
          竹田綜合病院 精神科 科長
 
 
お問い合わせ:入澤泌尿器科内科クリニック
       Tel 0242-38-3711
2016年9月20日

<学会>第29回日本老年泌尿器科学会に参加しました。

<第29回日本老年泌尿器科学会概要>
テーマ   : 『高齢社会に輝く泌尿器科
        ~過不足のない医療・介護をめざして~』
会期    : 2016.5.13(金)~14(土)
会場    : 福岡国際会議場
参加者   : 入澤 千晴(院長)
        青木 美佐子(看護部長) 発表者 
      横田 陽子(看護師主任)
 
今回の学会でも、地域包括ケアシステム構築は大きなテーマの一つでした。
在宅看護・介護で必ず必要とされる排泄のケア。泌尿器科クリニックとして
患者さんへの関心と配慮を忘れず、患者さんやご家族にとって良いケアの
提供ができるように努力してまいります。
 
IMG_0444 IMG_0443
 
ポスター発表
題:『地域包括ケアシステムに向けた泌尿器科診療所の看護師の役割』
発表者:青木 美佐子(看護部長)
 
IMG_1770 IMG_1771
 
2016年6月7日

<学会>第104回日本泌尿器科学会総会に参加しました。

<第104回日本泌尿器科学会総会概要>
テーマ   : 『泌尿器科学の道とパートナーシップ』
会期    : 2016.4.23(土)~25(月)
会場    : 仙台国際センター会議棟・展示棟
       東北大学百周年記念会館
参加者   : 入澤 千晴(院長)
        青木 美佐子(看護部長)
      横田 陽子(看護師主任)
 
今回の学会では、地域包括ケアシステム構築に向け、今後患者の病状が多様となり
泌尿器科が関わるケースが増えると考えられてる。当院でも積極的に働きかけを行い
スムーズな地域連携を図れるように努力していきたい。
IMG_1705
2016年6月7日

第10回会津排泄ケア研究会市民公開講座が開催されました

第10回 会津排泄ケア研究会市民公開講座(終了いたしました。)
 
日 時:平成27年10月17日(土) 18:00~
場 所:ホテル ニューパレス
講 師:日本赤十字社 名古屋第一赤十字病院
    女性泌尿器科 部長 加藤 久美子 先生
演 題:『はつらつと元気に いつまでもあなたらしく』
             -頻尿・尿もれ・骨盤臓器脱に負けるな
            セルフケアと受診のタイミング -
 
多くの女性が体験する頻尿・尿もれ・骨盤臓器脱。そのような症状で
困らないよう、自分でできる予防法や対処法。また、お薬や手術の治療
についてもお話をいただきました。
 
お集まり頂いた市民の皆様、ご後援頂きました方々、ご協賛頂きました各企業の方々、
誠にありがとうございました。
 
IMG_0091 IMG_0088
  
会津排泄ケア研究会 事務局一同

 

 

2015年10月21日

会津まつり 会津磐梯山踊りに参加しました。

9月22日(火)、毎年恒例の会津まつ 会津磐梯山踊りに参加しました。
同じ晶晴会である喜多方腎泌尿器クリニックからの参加者も合わせ約40名で神明通りを踊り歩き、
毎年お世話になっている居酒屋さんで美味しいお酒をいただきました。
ちなみに”団体賞”をいただきました。
 
DSC_1960
2015年9月29日

りんご が実りました。

クリニック正面玄関の横にあるリンゴの木に、今年もりんごが実りました。
年々、りんごも赤く大きくなっているように感じます。
よほどおいしいのか虫たちが先に試食していました。
来年も今年以上に赤く大きなりんごが実りますように。
 P1040394
2015年9月15日