腹圧性尿失禁

腹圧性尿失禁

女性の尿失禁の原因の一つです。
女性は出産により骨盤底筋がダメージを受けやすく、尿失禁になりやすい特徴があります。

        

走ったり、くしゃみをしたり、重い物を持ち上げたりしたときに尿が漏れてしまいます。このため、スポーツがいやになったり行動範囲が狭くなったりして生活の質が落ちてしまうことがあります。
問診や検査にて診断します。

腹圧性尿失禁の治療の中心は「骨盤底筋体操」です。
緩んでしまった骨盤底筋を鍛えて、臓器が下がるのを防ぎ、尿道や肛門を締める力やコントロールする力をつけることで尿漏れを防ぐ方法です。
当クリニックでは看護師が対応、指導を行います。 また、尿失禁が強い場合には手術療法などもあります。